スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコライオン

今日の担当:お父さん

先日、東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレース)にお邪魔した。

  岩合光昭写真展 ネコライオン
    会期: 2013年8月10日(土) ~ 10月20日(日)
    会場: 東京都写真美術館 B1階展示室
    主催: (株)クレヴィス
    共催: 東京都写真美術館
    協賛: オリンパス株式会社
    公式HP: http://syabi.com/contents/exhibition.html

15時少し前に到着すると、入場券売場の前に行列ができていた。しまったぁ。

DSC06974s.jpg

15分ほど並んでから地下1階へ。会場の奥では、岩合さんによるギャラリー・トークが既に始まっていた。大混雑、大人気。300人近くは集まっていたのではないだろうか。岩合さんの話をお聴きするのは、2年前に銀座三越で開催された「どうぶつ家族」写真展のイベント以来。

  「このネコは凄いです。1年間、裏山で"修行"をしてました。1年後、子ネコを連れて
   ひょっこり家に戻ってきた。このネコ、オスなんですけどね。」
  「ネコと野生のライオンの決定的な違いは、"餌"を食べるか食べないか。」
  「これは、ハイエナが獲った獲物をライオンが横取りしたところです。先入観でモノを
   見てはいけませんね。」


ギャラリートークの後、会場内をゆっくり見て回った。200点近いネコとライオンの写真が、「視」、「触」、「嗅」といったテーマ別に、対比されて、並んでいる。人間と共生するネコと野生のライオン。似てる、似てる、面白い!

全ての写真に添えられた岩合さんのメッセージも興味深い。ネコとライオンを追い続けている岩合さんだからこそ可能な写真展だなぁ、とも思う。

DSC06965s.jpg

岩合さんの写真に初めて触れたのは、1992年。場所は、偶然訪れた「川崎市民ミュージアム」(中原区等々力)だった。ライオンの群れ(プライド)やヌーの大移動を捉えた写真の迫力に、驚愕、感嘆した。爾来、岩合さんの写真集を買い求め、写真展に通っている。

一昨年は、鳥取県米子に帰省中、「岩合光昭ネコ写真展」を偶然知った。会場の天満屋で、来場していた岩合さんにばったりお会いし、とてもとても驚いた。

世界は驚きに満ちている。岩合さん、ネコライオン、ニャ~オ(いいね)! ♡♥

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。