FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・グレコ展

今日の担当:お父さん

東京都美術館にお邪魔した。

  エル・グレコ展
    会期: 2013年1月19日(土)~ 4月7日(日)
    会場: 東京都美術館 (東京都台東区)
    主催: 東京都美術館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
    後援: 外務省、スペイン大使館
    全体監修: フェルナンド・マリーアス(スペイン王立歴史アカデミー会員)
    日本側監修: 雪山行二(富山県立近代美術館 館長)
             川瀬佑介(国立西洋美術館 研究員)

以下、案内文から。
エル・グレコ(本名ドメニコス・テオトコプーロス、1541~1614年)は16世紀から17世紀にかけてのスペイン美術の黄金時代に活躍し、ベラスケス、ゴヤとともにスペイン三大画家の一人に数えられます。 (中略)
高さ3 メートルを超える祭壇画の最高傑作の一つ「無原罪のお宿り」も初来日し、まさに「奇跡の集結」といえる国内史上最大のエル・グレコ展となります。


DSC04215s.jpg

プラド美術館(マドリード)、スペインの教会、ボストン美術館、ブダペスト国立西洋美術館など、世界各地から作品が来日している。

勢いある筆致で、大胆に描き上げるスタイルは、エル・グレコならでは。

《修道士オリテンシオ・フェリス・パラビシーノの肖像》(1611年)の落ち着いた姿、《フェリペ2世の栄光》(1579-1582年)に描かれた不気味な怪物、《受胎告知》(1576年頃)の色彩と衣服の描写、《聖衣剥奪》(1605年頃)のドラマチックな構図などが、とても印象に残る。

最も感心したのは、本展のメインビジュアルにもなっている《無原罪のお宿り》(1607-1613年)。身体を屈めて見上げると、3メートルを超える巨大さが尚一層実感できる。鮮やかな色もいい。こういった作品の魅力は、印刷物では伝わらない。実物に直接触れないとね。

本展には、エル・グレコの作品が約50点も集められている。これだけの数の作品が揃うのは、確かに奇跡的かも知れない。

「奇跡の集結」エル・グレコ展は、4月7日迄。  ♡♥

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。