FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝坂縄文展

今日の担当:お父さん

神奈川マラソンを走った後、JR関内駅で途中下車して、県立歴史博物館にお邪魔した。

  勝坂縄文展
    会期: 2012年12月15日 ~ 2013年2月7日
    会場: 神奈川県立歴史博物館
    特別協力: 東京藝術大学大学院映像研究科
    協力: 相模原市立学校教職員互助会同好会土器づくりの会

以下、案内文から。(抜粋)
縄文時代は、日本列島において自然の積極的な開拓および計画的な食料の生産を開始する以前の時代です。 (中略)
「勝坂縄文展」は、そのような時代に作られた魅力的な造形、その生々しさを通して、当時の人々の感性を感じ取っていただく展覧会です。縄文時代の造形の中でも、特に様々な装飾が施されることで知られる勝坂式土器に焦点を当て、縄文土器の多様な姿をご紹介します。 (後略)


DSC03825s.jpg

DSC03842s.jpg

風格のある建物は、元・横浜正金銀行本店で、竣工は明治37年。1967年に博物館として開館、国の重要文化財にも指定されている。

展覧会場に入って、まず目についたのは、ポスターにも使われている《縄文の貴公子》。とても魅力的な顔立ちをしている。土偶のように見えるが、土器の把手の可能性もあり、よく判っていないという。 (この顔、好きだなぁ。)

学芸員の方だろうか、ギャラリー・トークの場面に遭遇した。並べられた縄文土器の「うまい? へた?」を見比べるコーナーで、小学生が言ったという言葉が印象に残る。曰く、「こっちの方が、手間がかかっている」。なるほど。内側にドングリが埋め込まれた土器について、その学芸員の方は、"陰謀説"を披露されていた。「器を焼いた時に割れるよう、他の人が仕掛けたのではないか」、と。なるほど、なるほど。

岡本太郎の作品、彼自身が撮影した縄文土器の写真も展示されていた。縄文土器に魅せられ、広く世間に紹介した岡本太郎。誰にも左右されない審美眼の鋭さと重要性を、あらためて思う。

ふと、思う。縄文時代の事物に、"貴公子"(或いは"ビーナス")といった名前をつけていいのかしらん。当時の人々は、そんな概念は持っていなかっただろうから。名前の中に今日的な視点が入るのは、ある程度は仕方ないけれど。

Anyway、面白かったなぁ。縄文、好きっ!  ♡♥

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。