FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初春 山愚痴屋

今日の担当:お父さん

新年早々、山口晃さんのトークイベントにお邪魔した。 (3週間も前のことだけど。)

『山口晃 大画面作品集』(青幻舎)、『ヘンな日本美術史』(祥伝社)刊行記念のイベント。

 はつ春 山愚痴屋感謝祭
   日時: 2013年1月6日(日)13時~
   会場: 代官山ヒルサイドプラザ 地下ホール
   プログラム:
    一、新春 絵解き
    二、刊行記念トーク
    三、お客様からの質問コーナー

以下、案内文から。
2012年11月に平等院養林庵書院に襖絵を奉納するなど、大活躍の画家・山口晃。
今年は、8年ぶりとなる画集『山口晃 大画面作品集』、そして初の画論となる『ヘンな日本美術史』を立て続けに出版。その刊行を記念して新春トークライブを開催いたします。 (後略)


DSC03021s.jpg

ステージの上に、長い紙が3枚垂れ下がっていた。

何だろう、と思っていたら、「絵解き」で使う紙だった。出題は、2012年に話題になったものから。

DSC03035s.jpg

山口画伯は、スラスラと絵を描いていく。渋い顔をした男性? 何かの動物? インターネットの閲覧? ウォーミングアップと言いながら、いきなりの超難問。

正解は、《スカイツリー》。左から、口をすぼめて「すっ(ぱい)」+イカが反転して「カイ」+「釣り」で閲覧数が有り得ない程あがったサイト...。

以下、同じ要領の絵解きが続く。 (野暮になるので、解説は最小限に。)

DSC03047s.jpg

2014年からの増税が決まった、《消費税》。 (解説:ショ・ヒェー・ゼー)

DSC03049s_20130128050721.jpg

「ワイルドだろ~」で紅白歌合戦にも出場した、《スギちゃん》。 (解説:スギ・ちゃん)

20130106山口晃02ss2

国際的なハッカー集団、《アノニマス》。 (解説:アノ・2・マス)

DSC03056s_20130128050723.jpg

最後は、森美術館で開催中の会田誠展のキャッチフレーズ、《天才でごめんなさい》。 (解説:テンサ・イデ・ゴメン・ナサ・イ)

どの問題も、会場から正解者が出たのが、驚きだった。 (僕自身は、《天才でごめんなさい》だけ、あと一歩。悔しかったなぁ。)

約1時間の絵解きに続いて、「画集」と「日本画論」の紹介。

DSC03069s_20130128050807.jpg

「画集」は、大きなサイズで作りたかったとのこと。"大画面"という名前も洒落ている。因みに、寄稿者のジョン・カーペンターさんは、映画監督ではなく、メトロポリタン美術館のキュレーターの方。

「日本画論」については、自分の好きなものだけを取り上げたので、"ヘンな"と名付けた、話を頂いてから4年かかった、催促の電話に3回に2回は居留守を使った、"伊勢物語"の図版の掲載料がかなり高く、定価があがるので(頼まれて)挿絵を描いた、等など。

先般アメリカに初めて行き(!)、アマースト大学(マサチューセッツ)でトークショーを行った際、観客の(オーバー)リアクションに大いに励まされた、とも。何と言うか、全てのエピソードに、山口画伯らしさがある。

最後は、会場からの質問コーナー。

DSC03095s2.jpg

「会田誠さんと喧嘩をしたことがありますか?」、との問いには、「ありません。そもそもあまり会わないです」。「社会的な事件が起こった時、意見を聞きたくなる人。見立てが正確です」、と付け加えられていた。

今年の目標を問われると、「日本で"のうのうと"絵を描きたい、絵を描けるよう"地ならし"をしていきたい」。 (白板に描かれているのは、地面を耕す山口画伯! )

あっという間の3時間。実に愉快な、新春のイベントだった。礼!   ♡♥

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。