FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中一光展

今日の担当:お父さん

先週末、東京ミッドタウンへ。会期末に、慌ててお邪魔した。

  田中一光とデザインの前後左右
    会期: 2012年9月21日(金)~ 2013年1月20日(日)
    会場: 21_21 DESIGN SIGHT
    主催: 21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
    後援: 文化庁、経済産業省、港区、社団法人 日本グラフィックデザイナー協会、
         東京アートディレクターズクラブ、東京イラストレーターズ・ソサエティ、
         東京タイプディレクターズクラブ
    助成: 公益財団法人 花王芸術・科学財団
    特別協賛: 三井不動産株式会社
    展覧会ディレクター: 小池一子
    会場構成・グラフィックデザイン: 廣村正彰

以下、案内文から。(抜粋)
日本を代表するグラフィックデザイナー 田中一光(1930~2002)は、伝統の継承から未来の洞察、東と西の国々との交流など、田中自身の言う「デザインの前後左右」を見すえたアートディレクターでもありました。(中略)
残された膨大な数の作品や資料を検証し、仕事の主軸となるグラフィックデザイン作品を中心に、原画や写真、記録資料など、活動の実際を示す貴重なアーカイブも紹介します。それらを通して、田中一光というクリエイターの人と仕事に迫り、デザイン思想がどのように展開し、表現されたかを探ります。(後略)


DSC03449s.jpg

階段を降りて、まず目に入ったのは、大きなパネルと壁画の写真。《色彩流水-A》《色彩流水-B》ではリズミカルな水の流れが、陶板壁画には菖蒲と椿が、実に大胆に描かれている。「琳派」への強い意識を感じさせる。

次のコーナーには、一光さんが手がけた特装本や小冊子が展示されていた。洋書等、蔵書されていた書籍も興味深い。

そして、メインは、ポスターの原画、版画等を展示した広いスペース。一光さんが創作したフォント、日本文化の海外への紹介、「無印良品」の提案、クリエイティブを生む場の提案、等など、展示されている作品は、実に多彩。尾形光琳の鹿をデザインしたと思われる斬新なポスターには、思わず唸った。巧い!

最後のコーナーは、一光さんからインスピレーションを受けた現役の方々の作品展示。

DSC03454s.jpg

DSC03464s_20130122232003.jpg

「友情と共に生きる - 私の一光さん」と題したスタイドショーも、興味深かった。一光さんの八面六臂の活躍ぶり、仲間に愛された様子が、とてもよく判る。

チャレンジ精神と開拓者精神に溢れた、素晴らしい方だなぁ、とあらためて思う。

21_21 DESIGN SIGHTならではの、とても魅力的な企画展だった。礼!  ■

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。