FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛のクライスラー

今日の担当:お父さん

成人の日、渋谷からJR山手線に乗り、新宿へ。

西新宿まで歩いてみた。「ここはどこ?」と叫びたくなるような、見事な雪景色。東京オペラシティに辿りつくまで、30分はかかっただろうか。

DSC03298s.jpg

DSC03299s2.jpg

さて、千住真理子さんのヴァイオリン・リサイタル。「愛のクライスラー」と題した、全曲クライスラーのプログラム。

千住真理子さんの姿を初めて拝見したのは、昨年の夏。IT関連のセミナーで、基調講演に登壇、ご自身の体験談、日々のこと、東北への想い、等などをお話された。話の途中で、ヴァイオリンも演奏して頂いた。

それ以降、CDを数枚購入し、著書も拝読した。リサイタルにお伺いするのは、今回が初めて。

DSC03302s2.jpg

DSC03309s.jpg

初めて入ったコンサートホールは、木の温もりがする。ステージの中央に置かれているのは、ベーゼンドルファーのグランドピアノ。

定刻過ぎ、千住真理子さん、丸山滋さん(P)、少し遅れて譜面めくりの方が登場。軽やかなワルツ《ウィーン奇想曲》の演奏の後、真理子さんが笑顔で語り出す。「今日は天候が悪い中、お越し頂き有難うございます。私が初めてウィーンを訪れた時も、雪が降ってました。」 クライスラーは、雪がお似合い?

真理子さん自身による曲目の解説が、クラシックに不案内な身としては、とても有難い。《美しきロスマリン》の美しさに惚れ惚れし、《ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡/クライスラー編曲)》の伸びやかな響きによろめいて、重厚な《エピソード》に身が引き締まる。

8曲演奏頂いた後で、15分間の休憩。ロビーで、新譜「愛のクライスラー」を購入した。本日の演奏曲全てが収録されていると聞けば、買わない手はない。

後半は、魅惑的な《ジプシーの女》から。《道化役者》、《才たけた貴婦人》等など、人をテーマに選曲したとのこと。あっという間の8曲だった。アンコールは、《愛の喜び》と《アロハオエ/クライスラー編曲》。お馴染みのメロディーを、ヴァイオリンが高らかに歌い上げる。Bravo!!

ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いから、早10年。素人の耳で聴いても、すっかり真理子さんの楽器になっていると思う。素晴らしい響きだった。やっぱり生はいいなぁ。

終演後、笑顔の真理子さんと両手で握手。雪の中、ぽかぽか気分で会場を後にした。 ♪♪

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。