FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレート展

今日の担当:お父さん

ジョギングを始めてから、以前に比べ、何故かお菓子が好きになった。

特に好きなのが、ダーク・チョコレート。(2月半ばを意識している訳ではないけど。) ということで、国立科学博物館(上野)へ。

  特別展「チョコレート展」
    会期: 2012年11月3日 ~ 2013年2月24日
    主催: 国立科学博物館、読売新聞社
    後援: 文部科学省
    協賛: 日本チョコレート・ココア協会

以下、案内文から。
小さな一粒から、カカオを育む自然の恵み、チョコレートを発明した人類の智慧(ちえ)と工夫、そして、世界のつながりまで見えてくる―。歴史、製法、おいしさの秘密、チョコレート工場の内側など、知っているようで知らないチョコレートの魅力をご紹介します。この展覧会を見れば、誰もがチョコレート博士です!


会場入り口で迎えてくれたのは、チョコレートで作られた国立科学博物館の縮小模型。館外にある蒸気機関車D51やシロナガスクジラも精巧に作られている。

チョコレートの原料、歴史、チョコレートができるプロセスの紹介、と展示は進んでいく。

チョコレートの原料がカカオの「種子」だとは、知らなかった。歴史の点で意外だったのは、起源が中米の古代文明にあり、王侯貴族の「飲み物」だったということ。貴重なカカオは、通貨としても使われたという。16世紀にヨーロッパに伝わり、飲料から「食べ物」になったのは19世紀半ばらしい。

DSC03107s.jpg

森永製菓、明治製菓、グリコ、不二家などの懐かしいチョコ、テレビコマーシャルの映像やポスターも特別に展示されていた。若かりし頃の石坂浩二さん、草刈正雄さん、三浦友和さん、渡辺徹さん達の笑顔がある。チョコを爽やかに食べる、2枚目の好青年!

パネルによるチョコレート製造工程の紹介に続き、チョコレート工場を模した展示があった。

DSC03123s.jpg

順路に沿って歩きながら、カカオ豆がチョコレートに変わっていくプロセスを体感する。風が吹き、ローラーの間を通り、混ぜられて、熱を加えられる。これほど大掛かりな加工プロセスがあるとは、思いも寄らなかった。

チョコレート職人「ショコラティエ」が作ったチョコレートの数々、レトロなチョコレートのパッケージも展示されている。チョコレートでできた(チョコレートとはとても思えない)恐竜や忠犬ハチ公も飾られていた。

ショップでは、その場で撮影した写真が板チョコの包装紙になる「フォトチョコ」も販売されている。

大人も子供も楽しめる、なかなか愉快な企画展だった。

さて、St. Valentine's dayまで、残り1ヶ月。今年も、総額500億円規模の甘い匂いが、日本全国に溢れるのでしょう。 (因みに、東京スカイツリーの建設費は約400億円で、チョコより安い! )

皆様のところに、素敵なチョコが届きますように!  ♡♥

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。