FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲 聖地の至宝

今日の担当:お父さん

2週間前、東京国立博物館(上野)にお邪魔した。

本館1階の特別5室は、以前、レオナルド・ダ・ヴィンチの《受胎告知》が飾られ、「国宝 土偶展」も開催された場所。今回は、(僕にとって)ぐっと身近な「出雲の至宝」が並んでいる。

  特別展「出雲―聖地の至宝―」
    会期: 2012年10月10日(水)~ 11月25日(日)
    会場: 東京国立博物館本館 特別5・4室
    主催: 東京国立博物館、島根県、島根県立古代出雲歴史博物館、
        NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
    後援: 文化庁
    特別協力: 出雲大社、島根県神社庁

以下、案内文から。
神話の国、出雲。荒神谷遺跡(こうじんだにいせき)、加茂岩倉遺跡(かもいわくらいせき)から、大量の青銅器群が発掘され、この地が古代の青銅器大国であったことが知られるようになりました。また2000年に出雲大社の境内から出土した宇豆柱(うづばしら)は、太い杉の丸太を3本束ねており、かつてそびえ建つ神殿が造られたことを物語っています。 (中略)
また、今年は出雲を舞台とした神話や出雲大社創建についても語られている『古事記』が編纂されて、ちょうど1300年の記念の年にあたります。これを機に出雲大社の宝物をはじめ、島根県を代表する文化財の展示をとおして、独特の文化を形作った聖地、出雲を紹介いたします。


20121020c08

20121020c09

「第1章:出雲大社の歴史と宝物」で、最初に目に飛び込んできたのは、大きな古木の塊《宇豆柱(うづばしら)》(重文)。2000年に出雲大社境内で出土したもので、鎌倉時代に造られた本殿の柱と考えられているらしい。その姿は、神聖かつ神秘的で、思わず手を合わせたくなる。

当時、本殿の高さは48mもあり、日本一高い建物だったと伝えられているという。本殿を10分の1のサイズに縮小した模型も展示されていた。製作は、県立松江工業高校。出雲大社のスケールの大きさを感じさせる、迫力の模型だった。

《古事記》、《出雲国風土記》、《大山寺縁起絵巻模本》、《秋野鹿蒔絵手箱》(国宝、出雲大社蔵)等など、出雲大社に関する展示物も印象に残る。

「第2章:島根の至宝」では、青銅器や木彫等が並べられていた。

荒神谷遺跡(発掘1984年~)から、銅剣42本(358本出土)、銅矛16本(16本出土)、銅鐸5個(6個出土)が展示。加茂岩倉遺跡(発掘1996年~)からは、銅鐸16個(39個出土)が展示されている。全てが国宝に指定された青銅器が整然と並ぶ姿は、まさに圧巻。シカ等が描かれた銅鐸が、特に興味深かった。

木彫の神像の中では、《摩多羅神坐像》(島根県・清水寺蔵)の笑みを浮かべた表情が、特に印象的。 (清水寺には、子供の頃に何度も行った。この神像は、全く記憶にないけれど。)

時は正に、旧暦の十月。全国津々浦々の神々が、出雲に集まってくる季節。

そうだ、出雲(方面)に行こう♪  ■

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。