FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

維新の洋画家

今日の担当:お父さん

両国駅で下車、江戸東京博物館にお邪魔した。

  維新の洋画家 川村清雄
    会期: 2012年10月8日(祝)~ 12月2日(日)
    会場: 江戸東京博物館 (東京都墨田区)
    主催: 東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、読売新聞社
    後援: イタリア大使館、フランス大使館、明治美術学会
    協力: 日本航空

因みに、本展を知るまで、「川村清雄」のお名前は全く存じ上げなかった。 (とほほ。)

以下、案内文から。
近代日本美術の知られざる先駆者・川村清雄(かわむら きよお)〔嘉永5年(1852)~昭和9年(1934)〕 ―近年とみに評価が高まっている幻の洋画家です。旗本の家に生まれ、明治維新からまもない時期に渡欧し本格的に油絵を学んだ最初期の画家でしたが、当時の洋画壇から離れて独自の画業を貫いたため、長らく忘れられた存在でした。 (中略)
本展は、清雄の最大の庇護者であった勝海舟(かつ かいしゅう)に捧げられた《形見の直垂(ひたたれ)(虫干)》(東京国立博物館蔵)をはじめとする絵画の代表作や初公開作品を含む約100点の絵画が一堂に会する最大規模の回顧展です。 (後略)


20121009a01

肖像画、静物画、室内画、風景画など、様々な作品が展示されていた。書簡や甲冑、ヴェネツィア美術学校の学籍簿や賞状もある。

印象的な作品が数多くあった。《静物写生》(静岡県立美術館蔵)、《福沢諭吉肖像》(慶應義塾大学蔵)、《滝》(平塚市美術館蔵)、《江戸城明渡の帰途(勝海舟江戸開城図)》(江戸東京博物館蔵)、《梅と椿の静物》(三重県立美術館蔵)、《お供え》(福富太郎コレクション資料室蔵)、《鶏図》(神奈川県立近代美術館蔵)、等など。

《形見の直垂(虫干)》(東京国立博物館蔵)に描かれているのは、勝海舟の葬儀で川村清雄自身が着用した白衣、海舟の胸像や遺品等など。海舟への想いが伝わってくる。

パンフレットにも使われている本展の目玉《建国》(オルセー美術館蔵)は、鶏や装飾品が華やかな色彩と筆致で描かれている。パリの美術館に作品を収蔵したいという申し入れを受け、「日本の建国神話」を画題に選び、描いたという。実に堂々とした態度ではないだろうか。

音声ガイドは、川村清雄が自ら語る趣向になっていた。丁寧に作られた図録も秀逸。

維新の洋画家、初めての「川村清雄」に、びっくり、ドキドキ、驚いたなぁ。  ■

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。