スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田平八郎展

今日の担当:お父さん

山種美術館へ。前期(5/26~6/24)と後期(6/26~7/22)に、それぞれお邪魔した。

 福田平八郎と日本画モダン
   会期: 2012年5月26日(土)~ 7月22日(日)
   会場: 山種美術館
   主催: 山種美術館、日本経済新聞社

以下、案内文から。
今年は斬新な色と形を追求したカラリスト・福田平八郎(1892-1974)の生誕120年にあたります。 (中略)
本展では、代表作《漣》、《雨》を含む平八郎作品約20点と、同時代に活躍した画家たちのモダンで洗練された作品を集めて展観します。 (後略)


20120701a01

会場入ってすぐ、《筍》(山種美術館蔵)が飾られていた。大きな2つの筍の周囲に、竹の葉が散らされている。昨年末、「ザ・ベスト・オブ・山種コレクション」展でも拝見したが、独創性とデザイン性が素晴らしい。

前期の目玉は、《漣》(大阪市立近代美術館建設準備室蔵)。全体が銀色に塗られた上に、群青色の線で水面が描かれている。それ以外は、一切ない。抽象画のようにも見える。図録に、驚きの事実が書かれていた。それによれば、平八郎は、岡本東洋という写真家に水面の写真撮影を依頼した、という。その写真は、《漣》の作品そっくり。具象画だった!

後期の目玉は、瓦だけが描かれた《雨》(東京国立近代美術館蔵)。圧倒的な質感。瓦についた雨跡が微妙に違う。反復と差異。タイトルも素晴らしい。傾斜のある屋根ではなく、直立した壁のように感じたのは、遠近法があまり使われていないからだろうか。

泳ぐ姿が活き活きと描かれた《鮎》(京都国立近代美術館蔵)、鮮やかな色彩の《青柿》(京都市美術館蔵)、南画風で妖しい雰囲気が漂う屏風《牡丹》(山種美術館蔵)も、魅力がある。

"日本画モダン"という言葉は、山下裕二さん(明治学院大学教授、山種美術館顧問)が本展のために考案された造語らしい。「大胆な構図や色彩、デザイン的な視点が感じられる作品」が選ばれているという。川端龍子《月光》、奥村土牛《北山杉》、杉山寧《宋磁静物》、徳岡神泉《芋図》、山本丘人《雪に立つ樹》等なども、印象に残った。

本展の関連企画として、フォトコンテストが開催されている。テーマは、「なにげない日常の中にも美を見出す平八郎的視点でのモダンな写真」。投稿先のfacebookを見ると、なかなか面白い写真がアップされている。

ダメ元で、応募してみよっと。  ■

スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【福田平八郎展】

今日の担当:お父さん山種美術館へ。前期(5/26~6/24)と後期(6/26~7/22)に、それぞれお邪魔した。 福田平八郎と日本画モダン   会期: 2012年5月26日(土)~ 7月22日(日)   

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。