スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nike原宿店

今日の担当:人間のお父さん

土曜日、Nike原宿店へ。原宿・表参道沿いのお店は、この日がオープン初日。

雨模様にも関わらず、開店前から大行列ができていた。

20091115a

大勢のマスコミ関係の方を交えたオープニング・セレモニーで、(オープン前に)松阪大輔さん、桑田真澄さんによるW始球式があったらしい。外で並んで待っている時間帯だったので、お2人の顔と姿は、ほんのチラリとしか見えなかったのが残念だった。

11時過ぎ、順番にお店に入ると、「必勝 nike」と書かれた小さなお守りを頂いた。真っ赤なお守りが、とても可愛らしい。

客でごった返す店内奥のランニング・コーナーへ。

今月末の河口湖マラソンのスタート時間は朝7:30。気温が氷点下になることもあると知り、寒さ対策のウェアを物色した。店員に相談すると、アドバイスが実に適切で、イメージ通りのウェアが見つかったので、その場で即決、購入した。このウェアと「必勝 nike」お守りで、初めての河口湖マラソンを元気に走ろう(走りたい)、と思う。

折角なので、2階にも行ってみた。階段の天井からぶらさがる、沢山のシューズに目が行った。

20091115b

20091115c

真っ白いシューズが、ただぶらさがっているだけなのに、大いなる躍動感がある。シューズにかける、Nikeの心意気も感じさせる。

伊藤若冲の「動植綵絵」の中の一幅、"秋塘群雀図"(しゅうとうぐんじゃくず)には、秋空を飛ぶ茶色の雀の群れの中に、一羽だけ、白い雀が描かれていた。同じ繰り返しの中に、やや異色の物が混じる様は、句読点のようでもあり、確実性と不確実性が混在するこの世界そのもの、でもある。

たくさんの白いシューズの中に、一足だけ違う色のシューズを入れるのも、面白いかも知れない、と思う。

また若冲かぁ、と我ながら呆れつつ、池袋方面に向かった。つづく。■
スポンサーサイト

theme : 写真日記
genre : 日記

谷川真理さんと

今日の担当:人間のお父さん

晴天に恵まれた6月7日(日)、皇居で行われたランニングイベントに参加した。

題して、「谷川真理”アミノバイタル”ランクリニック」。

ランステ麹町店で、受付と着替えをしてから、皇居・千鳥ヶ淵公園に移動した。参加者は約30人で、男女比率は、ほぼ半々。

千鳥ヶ淵公園で、小1時間、谷川真理さんにレクチャーして頂いた。
 ・”みぞおち”のところから足が付いてるイメージで、カラダ全体で走る。
 ・練習は、スピードにバリエーションを持たせて。
 ・平坦な道、坂道等、様々な道を走ると、足にストレスがかかる部分が変わる。
 ・旬の野菜や果物を積極的に摂取する。(谷川さんはスイカが大好き)
 ・(女性は特に)貧血対策に鉄分を積極的に摂ること。(鶏レバーのウスターソース煮等)
 ・皇居を走る時は、水道水を浴びて、水道水を飲んでいる。
 ・高尾山を走る時は、途中で靴を脱いで川の水に足をつける。自然に癒され疲労も取れる。
 ・紫外線対策は外と内から。前後のビタミンCの摂取も有効。

谷川さんご自身の経験に裏打ちされた、力強いレクチャーだった。

全員でストレッチをしてから、Amino Vital Proを頂き、1km・5分と5分30秒の、2組に分かれた。5分30秒の組に入り、谷川さんと一緒に、北の丸公園の中の林を走った。まるで山道を走るトレイルランのようで、実に爽快だった。

30分後に千鳥ヶ淵公園に戻り、水分を補給した後、皇居外周を一周した。その後、Amino Vital Proを摂り、谷川さんに今回のクリニックを総括して頂いた。

とても有意義な練習会だった。

谷川さんのレクチャーの中に、「マラソンは、まぐれのない競技」という言葉があった。その通りだと思う。谷川さんの教えを胸に、じっくりと走りこもう。

楽しみながら。 ■

theme : ひとりごと
genre : 日記

立川・昭島を走る

今日の担当:人間のお父さん

日曜日、第28回 立川・昭島マラソン大会で、10km走ってきた。

20090308a

20090308b

昨年11月、世田谷246ハーフマラソンで5kmを走って以来、2回目のレースで、10kmは初になる。

天候は曇り。風もなく、少し肌寒い絶好のマラソン日和。

国営昭和記念公園内に設けられた受付場所には、驚くほど沢山の人達がいた。主催者側の発表によると、3km、10km、ハーフマラソンを合わせたランナーは、1万人以上だという。荒川マラソンの前週、東京マラソンを2週間後に控えたこの時期の人数としては、何とも凄まじい。

ICタグ付きのゼッケンをもらい、着替えをしてから、陸上自衛隊・立川駐屯地の滑走路に移動した。

スタートラインならぬスタート”場所”で昭島市長の挨拶を聞いた後、10:50に、小さなピストル音で、だらだらとスタートした。

前半を抑え気味に、後半スピードを上げる戦術は、スタート直後に破綻した。周囲に影響されて、オーバーペース気味になってしまう。

滑走路の直線を左に曲がったところで、少し前を走る3人のランナーに目をつけた。しばらくすると、その3人は、1人2人と視界から消え、1人のランナーだけが残った。

そのランナーの後ろを、ただただ愚直についていく戦術に変更する。

滑走路を一周半した後、国営昭和記念公園へ入った。アップダウンはほとんどない。

km表示を頼りに、あと3km、あと2km、あと1kmと、自らを励ましながら走り続ける。

ゴールゲートの手間で、電光掲示板をちらりと見て驚いた。目安にしていたタイムより、8分以上早い。昨年の5kmのレース時よりも速いペースだ。

半信半疑だったが、嬉しい気分でゴールした。

次は、4月の10マイル(16km)走。

楽しんで走りたいと思う。(でも、走ってる最中は辛いんだよなぁ。) ■

theme : 写真日記
genre : 日記

初めてのマラソン

人間のお父さんは、市民マラソンに初参加しました。

「世田谷246ハーフマラソン」の、「健康マラソン・5キロメートル・高校生以上男子」の部。

都立駒沢公園内の陸上競技場をスタートし、駒沢公園の中を2周するコースを、たくさんの参加者の方々と一緒に、走ったそうです。

お父さんの言葉です。

  「5kmが、とても長く感じた。」
  「女性にも、ご高齢の方にも、たくさん負けた。」
  「課題はスピード。課題が明らかになっただけでも、大正解。」
  「来年も出るぞ!」

お父さんは、かなり楽しかったようです。

初めての5kmレースを無事完走できて良かった、と素直に思います。 (パチパチパチ。) ■

theme : ひとりごと
genre : 日記

プロフィール

Lafie & Papa

Author:Lafie & Papa
トイプードルのLafieの趣味は、くう・ねる・あそぶ。人間のお父さんの趣味は、ランニング、美術・音楽鑑賞、読書、ワイン・芋焼酎・その他飲食など。まあ、似たようなものです。
訪問頂き、有難うございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。